速報

任天堂スイッチとライト違いと比較、どちらを買うべきかまとめ

任天堂スイッチとライトを比較

任天堂スイッチの初期型が発売されたのが2017年3月3日、その後2019年8月30日にバッテーリー持続時間が長くなった新モデルが発売されました。2019年9月20日には任天堂スイッチライトが発売されたこともあり新規に任天堂スイッチを買おうと思ってる人はどれを買えばいいか迷うのではないでしょうか?

そこで、今回はこれから任天堂スイッチを買おうと思ってる人へ新型と旧型のスイッチの違い、任天堂スイッチライトとの比較を行っていきたいと思います。

任天堂スイッチとライトの値段の比較

はじめに値段の違いですが、通常の任天堂スイッチの定価が29980円(税別)でスイッチライトが19980円(税別)となっておりライトの方が通常のスイッチより10000円安いかたちとなります。

※旧型の任天堂スイッチは新型と同じ値段ですが、二ンテンドーeショップでつかえるニンテンドープリペイド番号3000円分が付いてくるキャンペーンのものがあります。

また任天堂スイッチには「あつまれ どうぶつの森」などとコラボレーションした限定セットも販売しておりドックなどのデザインがオリジナルの物があります。

スイッチライトの方が値段だけみるとお買い得ですが、ゲームをする環境や使用用途、遊ぶソフトによって買うべきスイッチが変わってきます。特に「Joy-Con」を使用するソフトの場合スイッチライトでは別途「Joy-Con」「Joy-Con充電グリップ」などを購入する必要があり付属品でかかる費用が上がる可能性もあります。

新型スイッチと旧型スイッチの違い

通常の任天堂スイッチとライトを比較する前に、新型と旧型のスイッチの違いを説明したいと思います。

新旧の大きな違いは主にバッテリーの持続時間が時間が違うことです。
旧型モデルが約2.5~6.5時間なのに対して新型スイッチは約4.5~9.0時間と大幅に上がっています。ちなみに任天堂スイッチライトは約3.0~7.0時間となっているので新型スイッチがバッテリー持続時間としては最長となっています。

任天堂スイッチ新型、旧型、ライトのバッテリー持続時間

新型と旧型どちらを買うべきか?となった場合ですが、上記のバッテリー改善だけ見れば新型になるでしょう。しかし実は旧型は新型と同じ定価ですが、ニンテンドーeショップでつかえるニンテンドープリペイドが番号3000円分ついてくるキャンペーンを行っています。ですので、任天堂スイッチを携帯することがないのであれば旧型でも全然ありなのかなと思います。

【キャンペーン内容の詳細は下記から確認できます】
https://www.nintendo.co.jp/switch/prepaidcard2019/index.html

新型スイッチと旧型スイッチを見分ける方法

マイニンテンドーストアから任天堂スイッチを購入する場合は基本的に新型のスイッチの購入になります(旧型の販売リンクは現在ないため)。

しかし店頭や中古ショップ、メルカリやAmazonなどのインターネットで任天堂スイッチを購入する際には新型と旧型どちらなのかを見極めて購入しなくてはならないことがあるかと思います。誤って意図しない本体を購入しない様に見分け方を紹介します。

任天堂スイッチのパッケージ(箱)で見分ける

一つ目の見分け方としてパッケージ(箱)の色で見分けることが可能です。
新型の任天堂スイッチはパッケージが赤い色で覆われているのに対して、旧型のパッケージは白色となっています。もし購入する際にパッケージが付属してるのであれば見分ける方法の一つになりますので覚えておきましょう。

左が旧型スイッチの箱、右が新型スイッチの箱です。

本体の型番(MOD表記)で見分ける

もしパッケージが存在せず本体のみの場合、本体の背面のロゴ下に記載されている「MOD表記」で見分けることが可能です。新型は「MOD.HAC-001(-01)」で旧型は「MOD.HAC-001」の表記となっているのでこのMOD表記を確認するのがいいでしょう。

MOD表記

スイッチ本体の底面のバーコードにある製造番号で見分ける

もう一つが任天堂スイッチ本体の底面にバーコードシールが貼ってあり、そこに製造番号が記載されている。この製造番号のXから始まる3文字のアルファベットによって新型と旧型を見分けることができます。新型はアルファベットが「XKJ」から始まるのに対して、旧型は「XAJ」となっています。

任天堂スイッチ製造番号

・新型:XKJ
・旧型:XAJ

もし買う際にパッケージが存在しておらず本体のみ購入する場合は、上記2つの表記を確認して新型のスイッチなのか旧型なのかを見分けるといいと思います。またオークションやメルカリで買う場合には出品者に上記の番号をきちんと確認とって取引をしましょう。

任天堂スイッチとライトの比較

次に2019年9月20日に発売された任天堂スイッチライトと通常のスイッチの比較をしていきたいと思います。

プレイモードの違い

まずプレイモードの違いからみていきたいと思います。
プレイモードというのは遊ぶプレイスタイルのことで、通常の任天堂スイッチでは「TVモード」、「テーブルモード」、「携帯モード」の3つのプレイモードからスタイルを選んで遊べます。ライトは「携帯モード」のみとなります。

「TVモード」はテレビに接続し大画面でゲームを楽しむことが可能です。一人でも二人でも複数人で大画面で遊ぶことができますので室内で遊ぶ場合に際も適したプレイスタイルです。

任天堂スイッチ プレイモード

「テーブルモード」は本体をテーブルなどに置いて遊ぶことができるモードです。TVより画面的には小さくなってしまいますが、カフェなど外出先で気軽に遊ぶことができます。本体のみのスタンドだと角度調整ができないので置く場所は選ぶ必要がでてくることがあります。

「携帯モード」は本体にJoy-Conを装着した状態で遊ぶことができるモードです。
遊ぶ場所を選ばず電車の中や、寝転がりながらと色々な状況で遊ぶことができますが、通常の任天堂スイッチはJoy-Conを装着してのプレイになり全体的な大きさが大きくなり、小さいお子さんなどが遊ぶ場合には操作がしずらいといったことがあるかもしれません。任天堂スイッチライトの場合であればコントローラー部分が一体となってるので持ちやすいでしょう。

遊べるソフトの違い

通常の任天堂スイッチとライトでは遊べるソフトに違いがあります。「え?」と思われた方もいるのではないでしょうか?遊ぼうと思っていたソフトが対応してない、なんて事がないようにきちんと把握しておきましょう。

まず通常の任天堂スイッチは「全てのソフト」に対応してます。
注意したいのが任天堂スイッチライトの方です。ライトは「携帯モードに対応したすべてのNintendo Switchソフト」なっております。

Nintendo Switch Lite単体では「携帯モード」に対応したソフトでも、Joy-Conの機能(HD振動、モーションIRカメラ、Joy-Con内蔵のモーションセンサー)を利用するソフトは、Joy-Conをお持ちでない場合、遊び方に制限がある場合があります。

「携帯モード」に対応していないソフトでも、別途「Joy-Con」と「Joy-Con充電グリップ」をお買い求めいただくことで、プレイいただけるソフトもあります。

引用元:任天堂

※詳しい情報が載っている公式サイトを一度必ず見ましょう!
※ソフトを買う際の対応・非対応のアイコンの表示についても詳しく説明してますので、一通り目を通すことをおすすめします。

https://www.nintendo.co.jp/support/switch/usage_soft/lite_playable.html

遊ぼうと思っているソフトが任天堂スイッチライトで制限なく遊べるのか?その点を注意する必要があるので気をつけましょう。

付属品

通常の任天堂スイッチには「Joy-Con」1セット付属しています。ライトにはありません。HD振動、モーションIRカメラを使用したゲームを遊ぶ場合に必要となり、ライトにはJoy-Conが付属してないので別途買う必要がでてきます。

任天堂スイッチ付属品

また通常の任天堂スイッチには専用のドックが付属しておりテレビ出力を可能としてますが、スイッチライトはドック非対応で、テレビ出力自体ができませんのでテレビに映して遊ぶことは一切できませんので注意が必要です。

重さ、サイズ、カラーの違い

任天堂スイッチを通勤や通学、旅行などで携帯して遊ぶ場合に重さやサイズ感はとても重要になってきます。

任天堂スイッチスイッチライト
重さ約398g(Joy-con取り付け時)約275g
画面の大きさ6.2インチ
画面解像度 1280×720ピクセル
5.5インチ
画面解像度 1280×720ピクセル
バッテリー持続時間約4.5 – 9.0時間
(旧型は約2.5 – 6.5時間)
約3.0 – 7.0時間
カラーブラック
(Joy-Conの色をカスタマイズ可能)
イエロー、グレー、ターコイズ、コーラル

任天堂スイッチとライトどちらを買うべきか?!

主に家でゆっくりと大画面で遊ぶ事が多く、たまに持ち歩く程度であれば通常の任天堂スイッチをおすすめします。テレビ画面を使わない、基本一人で遊び、持ち運びが多いという方はスイッチライトの方がいいでしょう。任天堂スイッチで遊ぶ目的、場所などを考慮して自分にあった方を選ぶのがポイントだと思います。