速報

第80期 定時株主総会の質疑応答資料公開!ニンテンドースイッチの生産改善は夏頃か?

スイッチ速報

当サイトで5月くらいに記事でニンテンドースイッチの生産状況改善は夏頃か?という記事を書きました。今回は2020年6月26日に開催された「第80期 定時株主総会の質疑応答資料」から、ニンテンドースイッチの生産活動が夏頃には正常化できる見込みがあるとの回答とJoy-Conの動作不良についての回答などもあったようなので内容を紹介していきたいと思います。

【以前の記事】
https://www.nswitch-news.com/switch-around-summer/

ニンテンドースイッチの生産状況は夏頃に改善見込み

まず現状ですが、Nintendo Swithc及びNintendo Swithc Liteは品薄が続いていてインターネットショップや店舗での購入が非常に困難な状態となっております。

背景としては世界的に流行しているコロナウィルスによる自粛生活でゲーム業界が盛んとなりハードの需要が高くなっているのが理由の一つでしょう。また任天堂スイッチの場合、生産に必要な部品の調達がコロナウィルスの影響でストップした事と、2020年3月に発売された「あつまれ どうぶつの森」が世界的にヒットしたことが重なり需要と供給がとれなくなってしまったのが現在の状況といえます。

Nintendo Swithc及びNintendo Swithc Liteの品薄についての質疑応答に対して、任天堂の代表取締役社長・古川俊太郎氏は下記の様に答えている。

本体の精算は概ね回復してきております。ただ、製造してから店頭に並ぶまでの間には一定のタイムラグが存在し、また、世界各地でNintendo Switchに対する高い需要が存在し続けているため、いつ品薄が解消するか、ということについてはお答えできる状況にはありませんことを、ご理解いただきたいと思います。

任天堂 第80期 定時株主総会の質疑応答資料

ただし今後は5月に開催された決算説明会での質疑応答にもあった通り、夏頃には生産活動を正常化できる見込みがあると回答している。

2月に中国で工場の操業等が一旦停止しましたが、3月に入って(中国での)生産状況は回復してきました。その後、新型コロナウイルス感染症の影響が世界各地に広がったことにより、生産に必要な部品の調達に影響が及び、5月まではNintendo Switchハードの生産に遅れが生じていました。現在は概ね生産状況は回復してきており、今後は出荷数も増える見込みです、5月の決算発表の際に申しあげた通り、夏頃には生産活動を正常化できるというのが現時点での見込みです。

任天堂 第80期 定時株主総会の質疑応答資料

2020年7月に入りニンテンドースイッチの抽選販売やマイニンテンドーストアでの抽選販売の頻度が上がってきていることを考えると生産状況が改善してきてるのは信頼できそうですね。現在でも転売屋による高額販売が続いていますが焦らず生産の改善をまって正規の価格で購入するようにしましょう。

Joy-Conの不具合騒動へお詫び

質疑応答資料でもう一つ気になったのがJoy-Conの不具合についての質問に対する回答ですね。
Joy-Conの動作不良問題は有名で米国で集団訴訟が起きているという情報をよく見ますが、それに対して製品の安心や信頼性について対応はどうなってるのか?という質問でした。回答としては、

Joy-Conに関して、お客様にご迷惑をおかけしていることをお詫び申し上げます。製品の改良については継続的に取り組んでいますが、Joy-Conは米国で集団訴訟の対象となっており、係争中の案件になりますので、具体的な回答を差し控えたいと存じます。

任天堂 第80期 定時株主総会の質疑応答資料

としており、実際に集団訴訟が起きてるのは事実のようです。また継続的に製品の改良に取り組んでますが、、という文面をみるかぎり問題となっている不具合の解消には至ってなさそうですね。世界的に売れているハードなだけにJoy-Conの問題は早く解決してほしいところです。

まとめ

定時株主総会の質疑応答資料を抜粋して任天堂スイッチの生産状況とJoy-Conの不具合関連を紹介しましたが、それ以外にも任天堂スイッチの次世代機の話もでてますので興味のある方は是非見てみてください。はやく任天堂スイッチが店頭で普通に買える日がくるといいですね。

【第80期 定時株主総会の質疑応答資料】
https://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2020/qa2006.pdf